新着記事

─臓器移植ガイド─ [21] 8. 悔いるべくして悔いる①

 まず奥井から麻生に電話が来た。
「ありがとう。恩に着る。東浦先生がとても喜んでくれて俺も幸せだ」
 どこかよそよそしい口調。麻生も言葉短く祝った。

 だが、東浦の電話は底抜けに明るかった。
「お前が世話してくれたドナーだったんだって? 奥井が今頃言うから、どうして言わなかったって聞いたら、あいつ、“偶然でも麻生は俺と同じで先生の弟子です”って言いやがる。そんなもんかもしれないな。お前を黒子あつかいするのは忍びないが、ありがとう。なにか? ケガ以外でも、脳死になりそうな状態ってのがあるのか。そんなのを長年の経験でお前が教えてくれたんだって、奥井のやつ、えらく感心してたぞ」

「まぐれに決まってますよ。でもうまくいってよかったですね」
 奥井ではないが、東浦の声を聞くと麻生も幸せだった。

 それなのに麻生をまず嘔吐が襲った。執務中にドナーとなった女性教師の声が聞こえ、反射的に強い吐き気がこみ上げ、トイレに駆け込むと食べたものを戻した。何も出なくなっても吐き気は収まらず、血圧も200近くまで上がり、緊急に点滴で吐き気を抑えなければならなかった。落ち着いてから内視鏡で検査されたが、異常は見つからなかった。

 次いで不眠がおそった。初め、ドナーとなった女性教師が夢に現れ、一方的に話しかけてくる。麻生は夢の中で、彼女にきちんと付き合うことを使命と感じた。意思の力で彼女の言葉に返事をするようにしたのだ。気がつくと朝になっていた。

 夢の中で麻生と女性教師はたちまち恋人同士になっていった。眠りにつくと彼女はすぐに現われた。いつもベッドで麻生を見上げ、ビルマの女性闘士のような目をなごませ、麻生にしなやかな手を伸ばしながら、

「今日は何をしてたの」

 と聞く。その声はさえ子と対極の、低い、しわがれた音だったが、麻生には甘やかで、強烈な誘惑を伴って聞こえた。麻生の体は痺れ、昂揚し、熱くなって語りだす。それは小学校の臨海学校で拾った猫の思い出だったり、大学で出会ったゲバ棒の学生から逃げ回った思い出だったり、中田と歩いた刑務所の周囲の町並みのことだったりした。およそ恋人に語る内容ではないのだが、

「ふーん」
「そうだったんだ」

 と耳元で彼女が相槌を打つと、幸せで、無限に思い浮かぶ思い出を生真面目に話し続けた。そうするうちにやがて麻生は彼女に吸い込まれ、幸せの絶頂で目が覚める。
 恥ずかしくてさえ子の顔を見ることができず、「あなたどうしたの」と心配された。

 昼間うつらうつらと眠るようになり、そこでも女性教師のささやきを聞いた。恋しくてたまらず、夜家に帰ると自分の部屋で早くから横になった。朝まで彼女と過ごす。反動で昼間何時間も眠るようになった。すると夜の眠りはなかなか訪れなくなる。

 馬鹿なことをしていると分かりつつ麻生は睡眠薬に手を出した。そして手術中に手が震え、彼女と医師免許証を秤にかけて「メスを持つべきじゃない」と思った。

 さらに神経が弱ったところで麻生は覚醒した。

 魅力的で、教え子たちとの長いこれからの時間を楽しみにしていた女性教師。麻生には彼女にその時間を作れたかもしれないのに、ドナーにするために死に追いやった。

「俺が殺した」
(つづく)


<PR>久保島武志のほん

『「なにさま」か! 貴様ら──異常者の国ニッポン』

著者・久保島武志が長年の週刊誌記者生活のなかで
闇に葬るしかなかった歴史的事件のおぞましい衝撃秘話を
小説として書き下ろした渾身の短編集。
★警察庁幹部が愛人と共謀した殺人・放火疑惑
★「今太閤」と呼ばれた怪物首相後援組織の暗躍
★政教分離をなきものにする新興宗教団体の裏側
ほか全6篇。
ご購入はこちらから
久保島武志
About 久保島武志 (64 Articles)
1967年出版社勤務。自動車レース専門誌「オートテクニック」でレースを支える人々や若手ドライバーのインタビューを手がけ、風戸裕のレーシングダイアリーを編集。1974年、レース中の事故による裕の死を契機にフリーとなり、早稲田編集企画室に所属。「週刊宝石」「週刊現代」等で様々なリポートに携わる。