新着記事

─臓器移植ガイド─ [24] 9. 自らの深い欠陥に恐怖する②

 2008年10月、中田がまた仙台の学会に出るので泊めてくれと電話してきた。ついでにおしゃべりしたかったのだろう、長い電話になった。

「やっぱり旧帝大の外科には、すごい異常者も集まるんだな」

 中田は親交のある旧帝大出の外科開業医から聞いた話をしてくれた。その医師は某旧帝大の看板外科教授Aを以前から嫌っていたが、ここへ来て「Aは変だ」と言い出したという。

「政治力もあり、要領は良いが非情に見えるし、いまは異常性を感じる。要領の良い人物の裏にはいつも闇がある」
 と語ったという。

 A教授は他の移植外科教授たちが、移植手術ができずにイライラしているとき、地方の旧帝大医学部で生体肝移植を実施、何十例もの実績を作り出していた。生体肝、生きている人間の肝臓……、もちろん肉親に限定されるのだろうが、世の倫理論争の裏をかいくぐって手術数を増やした。そして、外科学会や他の医学会に絶大な影響力を及ぼし、ついには政治が後押しした。この教授は移植医療の第一人者に躍り出た。

 死体からの脳死肝移植が法律で認可されたのちも数十例しか施行されていないのに、生体肝移植は2004年には2500例におよび、2006年の脳死肝移植に先駆けて保険適用を受けている。

 このA教授が偉大な功績者と言われることは全く問題ないと思えるのだが、中田の友人の開業外科医は、「おかしい」というのだ。嫉妬、ひがみではないというので中田が理由を聞くと、A教授が4回目の結婚をしたこと、それも、今度は自分の教え子の若い優秀な女医を女房にしてしまったというのだ。

 その開業医は「移植外科学会のベルルスコーニ」と揶揄した。

「本家のイタリア大統領は『レイプは男の本能』と、女性に対するレイプを金で解決したというが、この教授は女性に対する行為を結婚で償うつもりなわけだ」と。

 中田まで、
「事情によっては仕方ないが、4回は多いよな。今度の相手がほんとうに教え子の女医なら、やはり異常者と思われても仕方ないかな」
 ともらす。

 麻生は思った。
「移植外科医は、そんな異常者が多いということだ。そして、自分も移植に関わり異常者となって、犯罪を犯してしまった」

 中田は言いたいことを吐き出すと電話を切った。だが、麻生の胸は急に騒ぎ出した。
(つづく)


<PR>久保島武志のほん

『「なにさま」か! 貴様ら──異常者の国ニッポン』

著者・久保島武志が長年の週刊誌記者生活のなかで
闇に葬るしかなかった歴史的事件のおぞましい衝撃秘話を
小説として書き下ろした渾身の短編集。
★警察庁幹部が愛人と共謀した殺人・放火疑惑
★「今太閤」と呼ばれた怪物首相後援組織の暗躍
★政教分離をなきものにする新興宗教団体の裏側
ほか全6篇。
ご購入はこちらから
久保島武志
About 久保島武志 (65 Articles)
1967年出版社勤務。自動車レース専門誌「オートテクニック」でレースを支える人々や若手ドライバーのインタビューを手がけ、風戸裕のレーシングダイアリーを編集。1974年、レース中の事故による裕の死を契機にフリーとなり、早稲田編集企画室に所属。「週刊宝石」「週刊現代」等で様々なリポートに携わる。